トップ >> 葬儀の手順についての説明

葬儀や弔いについての情報

ぜひ覚えておきたい葬儀のマナー

葬儀に参列したことがないからとマナー違反をするこは遺族に大変失礼です。恥ずかしい思いをしないためにも葬儀に関して意外と知られていないマナーについてご紹介します。お悔やみの言葉を述べる時に「たびたび」「またまた」「続ける」などの忌み言葉は不幸が重なることを連想するために使ってはいけません。そして親族に故人の死因を聞いたり、故人との対面を自ら希望することは配慮に欠ける行為ですので絶対にしてはいけません。

葬儀のマナーの難しさ

年を重ねるごとに、不幸の連絡が入ることが多くなってきました。お祝いのマナーはある程度イメージができたり、回数を重ねているとわかってきますが、葬儀でのマナーはとても難しいところがあります。特に宗教でマナーが違うことがあるので、とても難しいところがあります。成人をしたら、葬儀に参加をする機会も出てくることがあるので、喪服の準備だけはしておきましょう。後は、その都度準備をしていきましょう。いつ出席をすることになってもいいように、マナーが書いている本を準備しておくといざという時に参考にすることができます。