トップ >> 葬儀の中のことを知る

葬儀や弔いについての情報

葬儀の後の告別式とは?

本来、一般にお葬式と呼んでいる中の「葬儀」の部分が、亡くなられた方の魂に対する「儀礼」であり一般的には何かの宗教儀礼に則って執り行われているのに対し、「告別式」は社会に対する告知やお世話になった方への別れの「式典」であり、特に宗教儀礼は必要なくスタイルも自由と言われています。又行うかどうかは喪主・葬家の判断でよい。現在のように、葬儀と告別式を同時に行うようなスタイルになってますが、会葬者や白木祭壇などを必要以上に気にする必要はない。ただ、亡くなった方との最後のお別れの場です。その方にふさわしいスタイルで送ってあげたいものです。

お花がいっぱいの祭壇を

花葬儀とは、祭壇に生花が咲き乱れるお花いっぱいお葬式です。故人のイメージにあった祭壇を全国で登録しているお花屋さんが相談窓口となり、お葬式に関する事前相談や、お葬式のお手伝いをしてくれます。花葬儀では宗教・宗派、希望の内容に沿ってプランを考えてくれます。メディアにも取り上げられ今注目を集めています。規模も家族葬から社葬などの大きなものまで対応してくれます。世界にたった一つの花祭壇が作れます。プランには納棺の儀も含まれます。映画「おくりびと」でも有名になったラストメイクや洋服や髪の毛などを整えたりも行なってくれます。